英語学習者は上達しているか不安になるが突破口を感じる瞬間がある

 

英語学習をしていると『本当に上達しているのだろうか?』と思う時があります。
独学で英語学習をしていると特にそういった不安になる場合が多いと思います。

私が通った大学の教授が

雲の中にいて周りは暗く、どこまで続くのかと思っていると突然、パーと視野が明るくなる瞬間がある。それをBreak Throughと言う。

と英語学習についておっしゃっていたのを今でも覚えています。

学習過程で何度か感じる突破口がある

英語学習を止めない限り何度かBreak Throughを感じる瞬間があります。

英語の上達というのは、にわかに英語が出来るようになる!というものではないです。
上達度合いは非常に分かりづらいですが、止めてしまわない事が大事です。

私が英語学習をしてきた約20年の間で実際に感じたBreak Throughをご紹介します。

突然聞き取れた

英語学習の中で一番、突破口であるBreak Throughを感じやすいのがリスニングだと思います。

とりあえず英語のニュースを聴いたり、リスニングを中心の学習を続けていると、
あれ? 聞こえた!
と感じる瞬間が急にやってきます。

そして、以前は英語を聴いたら日本語に頭の中で訳していた事も忘れて聞き取れている!と気付きます。
まさに、この瞬間がBreak Throughだと思います。

英語の理解力、処理力が速くなると口から飛び出すのも時間の問題になってきます。
徐々に発話が出来るようになっていきました。

英語で夢を見る

英語で夢を見るようになると、かなり上達してるという事だ

これも大学教授がおっしゃっていた言葉です。

今まで聞き取れなかった英語が聞き取れた!
そして、英語で夢を見た!

という風に次から次へと上達が分かるものではないです。

英語学習を続けているとある日突然、英語で夢を見るようになりました。

「実際、それほど話せないのに夢の中ではペラペラ話していた」
という経験は私には無いです。

自分の実力に見合った程度の夢を見るようになりました。

私が初めて英語で夢を見たのは渡米中でした。

ちょっと不思議な夢でしたが、
男性が私の上に乗って首に手を掛け
“Open your eyes!”
を繰り返し言ってくるのです。

それに対して私はひたすら
“No! No! Get out!”
しか言わないのですが、お経を唱えたら離れてくれるかもとお経を一生賢明唱えてました。

リアル過ぎる夢でちょっと怖かったのですが、当時の私の英語力はこの程度だったということです。

肝心なのは英語で夢を見る程度にはなっていたということです。

日本語が出なくなる

英語漬けの生活を心掛けていると、日本語で尋ねられてもスッと日本語が口から出なくなる現象が起きました。

自分でも、どーした!
日本人だろ!
と思うのですが、どうも上手く日本語が口から出ない
という感じです。

なので英語交じりのおかしな日本語になったりする事もありました。

英語で考え事

今日の予定や明日の予定など一人で考え事をしていて、ふと気付くと英語で考えていた事がありました。

この時も生活のほとんどを英語でしていた時期だったので、自然とそうなったのだと思いますが、とても嬉しかったです。

英語で考え事するようになったんだ!と確かな上達を感じました。

言いたい事が言える

アメリカからカナダ経由で帰国する事になった時の話です。

カナダでは1回乗り換えをする必要があったのですが、乗り継ぎの時間に余裕がないので手配出来ないとカウンターで言われました。

別のカウンターでその旨を言うようにと言われ、時間も迫ってる中、説明し無理やり飛行機に乗せてもらった経験があります。

気が動転しており何を言ったのか全く覚えていませんが、聞き直される事なく手配してもらえました。

自分では気付かないうちに上達していたんだと感じました。

英語学習のBreak Throughまとめ

英語学習をしていると『これで上達できてるのかな?』と不安になる事もあると思います。

私の経験上、何度も上達を感じ取れる出来事がありました。

それでも「本当に先は長いな~ 上はまだまだあるなー」と思うこともあります。
でも、『努力は決して裏切らない』と常日頃感じて英語学習に取り組んでいます。

英語学習を続けていると、必ず『突破口』を感じる瞬間はあります。

秘訣は「続けるのみ」です。

英語学習において上達度合いなど不安に思われてる方の参考になれば幸いです。

Thanks for reading all.
Please feel free to leave your message.