英語のリスニング力を上達させるとスピーキングも上達する方法

「英語のリスニングは苦手だがスピーキングは得意」という話を聞いた記憶がありません。

と言うことは英語のリスニング力を上達させると言うことは、スピーキング力も上達していくというお話をします。

英語のリスニング力をアップ

中学校の定期考査、高校入試そして大学入試にも「英語リスニング試験」があります。

リスニングが苦手という声もよく耳にします。
バイリンガルや帰国子女で無い限り、最初は誰でも英語が聞き取れないし、どうしたら聞き取れるのだろうと悩む時期もあると思います。

何故、英語のリスニングが苦手で聴き取れないのでしょうか?

答えは簡単です。
英語を聴かないからです。

英語を聴く量が少なすぎるから英語のリスニング力は伸びない事はほとんどの人は分かっていると思います。

では、どうやって量を増やすのでしょうか。
どういったやり方が効果的なのでしょうか。

英語を生活の中に取り入れよう

簡単に出来ることからやってみましょう。

  • 洋楽を聴く
  • 洋画を英語字幕で観る
  • ネットラジオを聴く

生活の中に英語を取り入れる事は、それほど難しい事ではないですね。
普段から洋楽をよく聴くって人も少なくないと思います。

肝心な事は取り入れてから先の行動です。
リスニング力を上達させる鍵はココにあります。

洋楽をBGM代わりに聴くのではなく何を言っているか知りたい!
と思うところからリスニング力は上達すると思います。

英語のスクリプトを持ち歩こう

音楽ならば歌詞を見ながら聴く事はとても効果的です。

洋画の字幕も効果的ではありますが、最初からスクリプト丸々を学ぼうとすると膨大な数になります。
気に入ったフレーズや気になる言い回しなどを書き留めて調べてみるというのも効果的です。

スクリプト(文字)と音を結びつけた場合、自分が思っていない音が聞こえてきたりします。
それは、別のページでもお話している’フォニックス’の原理から発生する音です。

例えば・・・
This is it!
とスクリプトにある場合、単語ごとに読まれるのではなく3つの単語が続けて読まれるのが普通です。


こんな感じで音が繋がっているマークを書き込み音に慣れていくことを目指しましょう。

読んでみると『ディスィズィッ』と聞こえるはずです。
最後のtの音は軽く発します。

スクリプを見ながら言ってみたり、歌詞を見ながら一緒に歌ってみたりすることは効果が期待されるやり方です。

フォニックスについて詳細はこちら

寝ながらリスニング

1日の締めくくりとも言える方法ですが、寝る時に英語を流して寝ます。

科学的な根拠があるわけでは無いのですが、経験として効果がありましたのでお話します。

日中、英語のリスニングを努めて取り入れるようにし夜は英語ニュースでも洋楽でも良いので流して寝ます。
知らず知らずの内に寝入ってしまうのですが、それでOKです。

日中と夜とのリスニングを繰り返していると「あれ?」と変化に気付く時が来ます。
今までは聞き取れなかった連なった音が聞こえるようになったり、スピードを早く感じなくなったり、何かと気付く箇所が出てきます。

繰り返した後の変化

このやり方は、結構三日坊主になる人が多いです。
ですので、まずは好きな音楽で英語の音に慣れる事をやってみるのが良いと思います。

好きな音楽を聴き、真似しながら口ずさむこと1週間繰り返したら必ず何かしら変化を感じます。
そして、スピーキングも同時に以前よりも出来るようになっているはずです。

慣れてくると色々な方向からリスニングするよう努める事により益々耳が鍛えられていきます。
本当にリスニング力を上達させたいという強い想いがあるのであれば、是非試してみて下さい。

Thanks for reading all.
Please feel free to leave your message.