アメリカ英語の発音を極める為には、まずフォニックスを学ぼう!

私は大学時代に1年間アメリカで過ごしたのですが、渡米したての頃は私が英語を話す度に、
“What?”と聞き返され悔しい思いをしました。

絶対、聞き返されないようになってやる!と思ったものです。

まずフォニックスを学ぼう!

これは、賛否両論あるようです。

日本では「カタカナ英語」と言われますし、シンガポールでは「シングリッシュ」と言われたりするように、色々な国にその国の持つ英語があります。

一生懸命に英語を話せば通じなくもないです。

私は、空港でトラブルが起き時間も迫ってる中、 “What?” とか “What did you say?” とか “Say again.” など言われパニックになった経験のあります。

その経験から『発音の重要性』を感じるようになり『聞き直されない英語を身に付けるよう』と思いました。

私と同じ様にアメリカ英語をネイティブが話すような発音で話せるようになりたいと思う人に向けて『どうすれば英語の発音が良くなったのか』を記載していきます。

 

 

フォニックスを学ぶ

‘フォニックス’という言葉を聞いたことがありますか?

フォニックスとは、

英語において、綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つである。

英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。

Wikipediaより引用

 

アメリカに留学したところで誰もフォニックスを教えてくれたりしません。
日本にいる外人の人の日本語をいちいち訂正する人って居ないのと同じです。

1年ほどの留学でしたら、ある程度は上達しても完璧な綺麗な発音になってるとは限らないです。

この’フォニックス’の学習は、文字と音とを結びつける教育としてアメリカの幼稚園で取り入れられています。

流暢な英語を話せるようになるには、私達は音のルールを知る為にフォニックスからやり直す必要があります。

日本語と英語の発音の違い

  • 舌の使い方
  • アルファベットと単語の読み方

日本語では、「あ」「い」「す」がくっつくとそのまま「アイス」となります。
一方、英語は「c」「a」「t」がくっつくと「スィーエイティー」とはならず「キャット」となります。

つまり英語はアルファベットで単語を読むのではなくフォニックスの音で読むのです。

基本のフォニックスで読んでみよう

C-A-Tは、分解すると『クッ-エァ-ツゥ』となります。
それらをくっつけて速度を上げていくと『ケェァット』になります。

これがPhonicsです。

フォニックスは、aからzまでの26音それぞれに決まった音があります。
フォニックス音一覧表を用意しましたので参考にしてみてください。)

では次の単語をフォニックス音で読んでみましょう。

  • a-n-t ;エァ-ヌ-ツゥッ⇒エァンツゥ
  • b-o-o-k:ブッーックッ⇒ブーック
  • banana:ブッエァーナナ⇒ブァナナ

 

文章にも挑戦してみましょう。

Put it in a box.

この文章は「 put it in a 」までが繋がって聞こえるように言います。

「プッチィッツゥ インナ」となります。

それをもう少しくっつけて言ってみると
「プリリンナ」となり、全体では「プリリンナバックス」となります。

 

 

基本のフォニックス音一覧

A エァ
B ブッ(唇を合わせてから破裂させる)
C

クッ
(喉の奥から出す感じで軽くささやく)

D ドゥ(喉の奥から出す感じで重く)
E
F フゥ(上歯を舌唇に軽く当て空気が抜けるように)
G グゥ(喉の奥から)
H ハァ(軽く空気の音)
I イ(軽く)
J ジュ
K クゥ(喉の奥で軽く)
L ル(舌を上歯の裏にくっつける)
M ム(Bと同じ唇使い)
N ヌゥ(舌を上歯の裏にくっつける)
O アとオの間の音(どちらにも聞こえる)
P プッ(B、Mと同じ唇使い)
Q クッ(Kと同じような感じ)
R ルゥ(舌を巻くのでこもった音になる)
S スゥ(軽い音、空気が抜ける感じ)
T トゥッ(トゥにはツトゥという感じ)
U ア(軽い感じ)
V ヴ(上歯を下唇に軽くあてる)
W ダヴリュゥ(ダブルでUがあるのでダヴリュウとなる)
X クス(軽く空気の抜ける感じ)
Y ユ(ユとヨの間くらいの音)
Z ヅゥ(ブルブル震える音が出るとOK)

 

まずフォニックスを学ぼう!まとめ

フォニックス学ぶという事は、音と音をつなげて単語を正しい発音で言える事から始まり、単語と単語を正しい発音で言えることから流暢なネイティブが話すような文章を言えるようになると言うことです。

また、フォニックスを学ぶことにより自分が綺麗な発音で会話出来るということは海外ドラマやニュースが聞き取りやすくなるということです。

最初は難しく感じるかも知れませんが、是非挑戦してみる価値はあると思います。

 

Thanks for reading all.

And also feel free to leave your message, please.

 

[blogcard url=https://eigoholic.com/breakthrough/]